英検で2級や1級に合格したいなら二次試験がポイントになる!

最近の英検は、会話の実力を高く評価していることが多く、2次の試験で個人的な見解を発表することもあるそうです。
2級や1級に合格したいなら、筆記すなわち文法だけでは十分ではなく、英語で自分の意志を伝える方法を練習しておく必要があります。
具体的には、英語で書かれている新聞や雑誌を読んだり、英語のニュース報道で耳を慣らすことなどもできます。
そして、合格点に達するために嫌いなカテゴリーに代わって好きなカテゴリーで頑張ってみたり、得点配分が高いジャンルに絞って学習するなども良いでしょう。
過去の英検の問題を参照するのもポイントで、何度も解くことで出題傾向がわかりますので、自分の英語の長所、短所を発見できるのです。
書店などで売られている対策本は、難易度を高めに設定しているものもありますので、そのような本で勉強しておけば本番にも強いでしょう。
英検の問題は長文のものが多く、級が上がる度に英語の文章も長くなる特色をもち、限られた時間内に正確に文を読まなければなりません。
第一に英文の長文の骨組みを明確にして、段落に分けられているようなら、こういった節ごとの英文のまとめをはっきりさせます。
それから問われていることを理解し、ヒントのある箇所がすぐに分かるように、全体を訳するようにします。
また2次試験に進むと、会話は全て英語ですから、受験前に面接の内容を知っておくと、それほど焦らずに対応できるはずです。
英検が運営するホームページに実際に使用された問題が公開されていますので、ぜひ利用しましょう。